FC2ブログ

SARASVATI
三宅千鶴のオリジナル小説ブログ 

第2章-5

「はあっ……あぁ……つっ」
 リズムよく性器に律動を加えられ、貴大の口唇から荒い呼吸に乗って喘ぎ声が放たれる。
「佐野さん、俺の乳首も吸って」
 当麻は空いている片手でYシャツの胸元をはだけた。そのまま貴大の半開きになった口元に、自身の厚い胸板に色づく先端を持っていく。

「あ……んん……っ」
 貴大はその先端を舌で嘗め上げると、唇で挟み啄ばむように吸い上げた。合間に歯で甘噛みすると、当麻は気持ちよさそうな呻き声を上げた。
「はっ……あ…っ……佐野さん、だいぶん上手になりましたね」
 満足げに喉を鳴らすと、当麻は貴大に嘗めさせて硬く突起した乳首の先端を貴大のそれに擦り付けた。
「はあ……あぁ……っ」
 硬く尖り切った先端同士を擦り立てられて、気も狂わんばかりの快感が背筋を駆け抜けていく。痛いほど敏感な性器と化した乳首により一層の刺激を求めて、自分から当麻の胸板に擦り付けてしまう。

「佐野さん、気持ちいい?」
 欲情に掠れた声で問われ、貴大は恥も外聞もなく涙ぐんで頷いてしまう。
「もっと気持ちよくさせてあげるね」
 当麻はズボンのチャックを開けて、すでに硬く屹立した己を掴み出すと、貴大のそれに擦り合わせた。
「ふっ……くぅっ……」
「佐野さんも手伝って」
 貴大に自分の一物を握らせる。そして当麻は貴大の反り返ったモノを握り、互いが重なるように扱き上げていく。

「あぁっ……つっ!」
 喘ぎ声ですらもう悦楽の迸りでしかない。互いの手の動きが早まる一方、どちらがどちらのペニスを駆り立てているのかわからなくなる。強烈な快感のうねりが局所からスパークしていく。
「くっ!あぁーッ!!」
 爆ぜたのはきっと同時だっただろう。電流にも似た刺激が全身を貫いていった。互いの手の中に放出した直後は頭が真っ白になって、まるで昇天していく心地がした。

「すごく……よかったよ」
 褒めるように甘い声を貴大の耳朶に零すと、当麻は二人が放った白濁の液を貴大の後孔に擦り込み始める。
「も……ムリ……」
 貴大は首を振って拒んだが、そんなあえない抵抗は交接を求めるオスの欲情をさらに煽るだけ。

「ここは……イヤッて言ってないけど」
 液に塗れた長い指で秘孔の入り口をクチュクチュとかき混ぜる。所有者の意に反して、淫らに熟れたその孔は、指の侵入を悦んで受け入れていた。
「中も、こんなにビクビク動いてる」
 2本の指で、内部の秘肉をかき回されて、貴大は堪え切れず剥き出しの両足を当麻の腰に巻き付けてしまった。

「もう……ムリ……ッ」
 それは、別の意味でのムリ。
 早く来いと誘われ、当麻の鼓動が早鐘のように早くなる。自身のオスも早く貴大の体内に押し入りたくてすでに極限まで怒張していた。

「ちょっとキツイかもしれないけど、我慢して」
 当麻は腰の巻き付く貴大の両足を肩に担ぎ上げると、彼の身体を二つ折りにしてほぼ真上から男根を突き入れた。
「あっああーーつっ!!」
 貴大の喉から引き攣れた悲鳴が迸り出る。男性にはキツイ体位だとわかっていても、当麻はより深くて密な交接を求めていた。

「佐野さん、力を抜いて」
 激しく腰を突き入れながら、当麻は苦悶の涙に濡れる貴大の頬を労わるように嘗めた。
「とう…ま……っ」
 貴大は小さく痙攣しながらも、その狭い穴はギュウギュウと当麻の肉棒を締め付けてくる。得も言われぬ快感が背筋を走り脳天まで突き抜けていくようだった。

 男でも女でも、こんなにも当麻にオスの悦楽をもたらしてくれる肉体に出会ったことはなかった。そして、
「佐野さん、愛してる……大好き」
 こんなにも、愛してやまない存在に巡り会ったことはなかった。
 心も肉体も、当麻が求めてやまないのは貴大だけなのだった。

「動くよ」
 貴大の呼吸が少し落ち着くのを待ってから、当麻は緩やかな抽送を開始した。
「はあっ……あっ……ッ」
 貴大は苦しげな声を放つが、そこには紛れもない悦楽の萌芽があった。
「気持ちいい?」
「……ん……んん……っ」
 舌で首筋を嘗め上げると、貴大は顔を仰け反らせて喘ぐ。その表情があまりに扇情的で、当麻の自制心はあえなく獣欲に塗り替えられてしまう。

「佐野さんっ……俺も……ムリ……ッ!」
「はっ……あぁっ……ッ!!」
 当麻は二つ折りにした肉体を思うさま貪り尽くす。激しい勢いで男根を秘孔に叩き込まれ、貴大は喉を反らせて嬌声を上げ続けた。

「イクよッ!」
「――とうまっ!!」
 最奥まで突き入れられた肉の楔を貴大の内襞が締め上げた瞬間、二人は同時に達していた。


  次へ


スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sarasvati18.blog65.fc2.com/tb.php/1300-7f7c50b8